会社に依存しない生き方を発信

自分で稼ぐ能力を上げる1つの思考法【今の職場でもOK】

自分で稼ぐ能力を上げる1つの思考法【今の職場でもOK】

自分で稼ぎたい人

自分で稼ぐ能力を上げたい。会社員だけでは不安すぎる。会社に縛られたくはない。けどどうしたらいいんだろうか。今の職場をすぐに止めることもできそうにないし・・・

そういった疑問に答えます。

1つの働き方に固執する必要はなく多様に働く時代になってきています。
そしてその対応に働く時代の中で自分で稼ぐ方法を知っておくと自由な働き方を手にすることができます。

こんにちはしまだです。
会社員で働く事をせずブログなどで、収益を出したり商品などを作りビジネス展開させている僕が、今の状況でもできることなどを話します。

自分で稼ぐ能力を上げないとやばそう

今の時代会社員だけでは危険すぎる。老後2000万問題や終身雇用の崩壊、大手企業の副業解禁などで国から既に1つの仕事だけではこれからは生きにくくなる。と示唆されています。

自分で稼ぐ能力を上げると人生楽になります

自分自身に、お金だけではなく勉強やノウハウなどに自己投資することをお勧めします。

僕は現在ブログを始めて6年目になりますが、自分で商品を作りまた広告収入で会社員以外の収入を得ることで、自分でお金を生み出そうと思えば生み出せるという状況、余裕が生まれて大金を稼ぐという発想もできるようになりました。

僕の具体例・昔と今

今までの僕はアルバイトや会社員で毎月ある程度決まった金額しか稼ぐことができませんでした。
なので何か買い物する時や投資をする時も、未来は予測された未来でしかなかったです。

しかし、ある時、急遽お金が必要になったことがあり、たまたまその当時はアフィリエイトをやっていたのですが、そのやり方を人に教えて会社からの給料のほかに10万円前後の収入を得ることが可能でした。

もしもアフィリエイトなど何か特技がなければ人に教えることによってお金を得ることができなかったかもしれません。

自分で稼ぐためのスキルや強みを知る方法

自分で稼ぎたい人

今の職場では何か人に教える事ができるスキルなんてないです。その時はどうしたらいいですか?

こういった疑問にお答えします。

人は「自分には特技がなかったり」とか「強みがない」と言いますが、他の人から見るとあなたはたくさんの特技や手札を持っている事をする知るでしょう。

簡単に言うとあなたに相談する人がいますよね。

その相談内容はあなたが得意だと思って相談してきている。
あなたが当たり前だと思っていることが他の人からすると全く当たり前ではないことが多いです。

なので、あなたの強みや得意なことを真っ先に知る方法は1つです。
友人や身近な人たちに関わってくれる人たちにどんな強みがあるのかを聞いた方がいいです。

または【リクルートエージェント】などで自分の強みなどを知る機会やまたは担当の人との無料面談だったりをするとあなたの強みや手札が明確になるでしょう。

自分で稼ぐ能力を今の職場でもあげる思考法

そして今の職場でもできることがあります。それは必ず人とのコミュニケーションだったりがあるはずです。

その際、心理学や、アンガマネジメント、メンタルトレーニング、マインドフルネス(瞑想)またモチベーションに関する本を読んだりノウハウを知ったりして、それをTwitterなどで発信することによってSNSの影響力を上げることもできます。

 

こんなツイートも参考になりました

ポイント

今の職場で何が学べるかまだまだ何がレベルアップすることができるかを考えることが非常に大切です。

僕もコーチングの世界に数年間関わっていましたが、その際に言われた言葉で
電柱や犬からでさえも学ぶ。電柱や犬からでさえもコーチをもらう。
という言葉があります。

ですので今の状況や環境からでもまだまだ得る事はたくさんありますがもしかしたらあなたがもう学ぶものはないと言って思考停止しているだけかもしれません。

職場に居続ける限り職場の人間関係の問題や同じ職種の問題を解決する方法を知っていたり試してみたりできるのはあなたしかいません。

なので日本全国世界を見渡してみれば同じような環境の人たちがいるのであなたはその人たちを救うことが可能です。

 

それがTwitterの発信だったりブログ、YouTubeだったり様々な方法で発信をしてみてそれが蓄積されビジネスになる可能性は大いにあります。

ポイントは今の職場でも学ぶ姿勢を忘れない、またはメモなどで今後の展望や、やりたいことを書いていくことから始めてみてはいかがでしょうか。

あなたは必ず世界から必要とされている人なので、ぜひ世界のために働いてください。
それでは今日は、このへんで

 

人気記事:会社員とフリーランス(ブロガー)のメリット・デメリット【経験談】

人気記事:会社が毎日辛い人へ捧ぐ。【働き方改革3選】