会社に依存しない生き方を発信

監獄実験-プリズンラボ-9巻ネタバレあらすじ感想アニメ化

「監獄実験」って知ってますか?被験者が看守役と囚人役に分かれ演じる実験で、精神錯乱者を出した残酷な実験。理不尽な虐めを受ける江山が虐め役に回り、虐める側の桐島彩をいじめ抜くゲームの行方は…。

監獄実験-プリズンラボ-これまでのあらすじ

桐島彩をパートナーに選び「監禁ゲーム」に参加した江山藍都。参加者は他に2名いて、先ず三崎由乃がパートナーを殺し失格、次に勝又誠二が娘の自死でゲームを降り射殺されます。彩を殺すという江山を翻意させようと担当の原川は三崎に会わせ、さらに自分の過去をも語ります。原川もかつて監禁ゲームに参加し彩の姉入瀬都を殺害、その後実験の真相を聞き組織の人間達を大量に殺していました。原川は元凶九字間を倒そうと彼の許へ向かいますが、そこに居たのは偽物だった-。本当の黒幕が暴かれる9巻へ。

<監禁ゲームの主なルール>
期限は1カ月。
監禁する相手(パートナー)を指名し、監禁者はパートナーを殺さなければ何をしてもよい。
週に1度パートナーによる監禁者の「名前当て」が行われ、
当てられなければ監禁者の勝利、当てればパートナーの勝利。
勝利者には1,000万円与えられる。

ここまでの詳しいネタバレはこちら
→監獄実験-プリズンラボ-最終話感想ネタバレ
→監獄実験-プリズンラボ-3巻4巻ネタバレあらすじ感想
→監獄実験-プリズンラボ-5巻6巻ネタバレあらすじ感想
→監獄実験-プリズンラボ-7巻8巻ネタバレあらすじ

監獄実験-プリズンラボ-9巻あらすじ

江山・彩だけとなった監禁ゲーム。江山はついに彩の首に手をかけます。原川は新村が黒幕であることを喝破、撃ち殺そうとしますが、長峰に足を撃たれてしまいます。江山は傷を負い逃走する新村を追う。三崎は奈美と逃亡を図りますが三崎を恨む組織側の男・田島に奈美を人質にとられてしまいます。一人部屋に残された原川は、彩が息を吹き返した事を知る-。黒幕が分かり、物語は新展開へ。

作画 水瀬 チホ  原作 貫徹 

監獄実験-プリズンラボ-9巻登場人物

江山 藍都(えやまあいと)
桐島彩に壮絶ないじめを受けていました。彩の過去を知りつつも殺害の意志は固く、彩の首に手をかけます。

桐島 彩(桐島彩)
江山を強くしようといじめを周囲に指示していました。父に売られて複数の男に暴行され、その後父を殺害。

原川 愛途(はらかわあいと)
九字間が経営する養護施設出身者。過去に監禁ゲームの被験者となり彩の姉入瀬都、組織の人間多数を殺害。

新村 渓(にいむらけい)
原川の施設時代からの友人。別の施設におり原川の許に遊びに来ていました。原川に黒幕と見破られ逃走。

監獄実験-プリズンラボ-9巻ネタバレ

料理の味が落ちた事を奈美に指摘され、
「料理人がもう撤収したので」
と答えるかつて勝又の担当・長峰。
撤収…?終わるの?じゃあ彩は?
彩と江山は…帰れるの?
わからないと長峰は答えます。
12日目。
新村が長峰に、九字間が殺されたことを伝えます。
「現場の監視カメラに原川が写っている
つまり犯人は原川だろう…」
驚く長峰に、新村は九字間が死んでもゲームが続いており、
ゲームが原川の意志で動いていると言います。
「江山のゲームが終わったら…俺が原川を拘束する
もし原川が抵抗したら
長峰…お前が奴を殺してくれ…」
無理だと言う長峰に新村は、
原川は誰も生かして帰すつもりはないから殺す覚悟だけは
しておけと命令します。

江山の部屋に原川が来ています。
九字間への復讐はできたのかと聞かれ、まだだ、と
答え、
本音を言えば 今すぐゲームを止めさせたいが
いまさらどうこう言う資格もない、
江山の選ぶ結末を見届ける、と辛そうに言う原川。
結末はもう変わりませんよ」と江山は暗い目つきで言います。

原川が廊下に出ると、田島が居ます。
三崎に仲間を殺された田島は、三崎の死体を処理するまで
撤収しないと言い、三崎の生死を聞いてきます。
それには答えず、処理は田島に依頼する、と言う原川。
田島は九字間を殺したのも本当かと尋ねてきます。
原川は急に厳しい顔になります。
「安心してよ 俺たちのボスはまだ生きてる…
でも…結末は絶対に
ヤツの思い通りにはさせない

三崎の部屋。
江山と会った後、三崎は原川に、銃と薬のある部屋へ
通され眠ってしまいました。
目が覚め、辺りを見回す三崎。
「銃か薬かお好きな方でお逝きくださいなんて…
自分で死ねる勇気があるならとっくにやってるっての」
ところが薬は鎮静剤です。
ああ…生きろ…ってこと!
三崎は銃を握り微笑む。
「本当にいいの…みんな殺して逃げちゃうよ?

監禁部屋では、眠っている彩の傍らで江山が本を読んでいます。
彩が目覚める。
「桐島ってさ…
俺を好きって言ってくれたけど
いったいどこが良かったわけ?」
彩は江山をまっすぐ見つめ言います。
「弱かったから…私も弱いから…」
彩は自分の弱さを分かってくれそうだった、と言い、急に、
「もう…いいよ 殺していいよ
と言います。
「ああ…わかった」
と江山は彩の首に手を伸ばす。
彩が苦しみ始め、弟達や奈美のため
「死にたくない」
と言います。
力を緩めない江山。
「俺も桐島が好きだ」
「…大っ…嫌い」
彩が動かなくなります。
「ごめん…桐島」
江山は突然取り乱し始め、監禁部屋を飛び出し
ナイフで自らを刺す

部屋で監禁部屋での一部始終を見た原川はパソコンを閉じます。
新村が入ってきます。
「ゲームが終わった」と新村。
新村は原川に、
九字間殺しの容疑がかかっており、監禁ゲームの関係者を
皆殺しにして江山に罪を着せるしか助かる方法はない
10年前のようにモンスターになれ、と言います。
もうモンスターにはならない、と銃口を向ける原川。

この組織の本当のボスは…
お前だよな…新村!

原川は九字間の部屋に盗聴器をしかけていました。
新村は自分がボスであることを認めます。
新村は原川の銃を遠隔操作で発砲できないようにしていました。
そこに長峰が来ます。
原川は、長峰に新村がボスであることを暴露。
新村は長峰に、原川を殺すよう命令します。
長峰は原川の足を撃つことしかできません。
新村は
10年前の原川のモンスター化が見たかった
とゲームの真の理由を話します。
養護施設の子供を監禁ゲームでモンスターにするため、
モンスターを再現したかったという新村。
江山が来て、新村をナイフで襲う。
江山は三崎から新村が怪しいと聞いていたこともあり、
彩が動かなくなった後死にきれず、外で話を聞いていました。
新村は
監禁ゲームを始めたのは自分だが
原川は入瀬都をレイプした、
それで彩もレイプせざるを得なかったのだから、
原川を殺せ
と江山に言います。
「っせえな そうするように追い込んだのはお前だろ
じろりと一瞥をくれる江山に新村は逃げ出し、
途中で会った田島に全員を殺すよう指示を出します。
江山は長峰に奈美を頼み、新村を追いかけます。

奈美は三崎と行動を共にしていました。
田島と鉢合わせし、奈美を人質に取られてしまいます。
銃を捨てろと田島に迫られ、大人しく捨てる三崎。
危機一髪のところを長峰に救われますが、田島は奈美を人質に
取ったまま階上に逃走。
三崎は自室よりチェーンソーを持ち出します
勝又達を見殺しにしたから戦う、と言う長峰に
「悪いけど…守る余裕なんてないよ」と言う三崎。
私が死んだら逃げなさい」という三崎に長峰は
「絶対に死なせません」と銃を強く握ります。

一人部屋に残された原川は、監禁部屋からの声に気づきます。
…水…助…けて…
パソコン画面を開くと、彩が息を吹き返しています
足をひきずり、監禁部屋へ向かう原川…。
それぞれが誰かを救うためにとった行動がもたらすものは何か。
最後の戦いとその結末が語られる最終巻へ。

監獄実験-プリズンラボ-9巻感想

黒幕が意外すぎて驚きでした。江山は新村を追い詰めてどうするのか、蘇生した彩はどうなるのか、続きが早く読みたいです。

こちらもどうぞ^^
→監獄実験-プリズンラボ-感想最終話ネタバレあらすじ
→監獄実験-プリズンラボ-ネタバレ結末あらすじ
→監獄実験-プリズンラボ-ネタバレ結末感想あらすじ

→面白い漫画2019オススメ。元まんが喫茶店員の全リスト【執筆中】