会社に依存しない生き方を発信

すぐ泣く女に機関銃ネタバレ感想結末

いい人だな〜って思ってた人が陰で自分の悪口を広めていたってこと、ないですか?顔はニコニコ、内心不満だらけの杏がボロボロになり…。

 

すぐ泣く女に機関銃あらすじ

いつもニコニコ、上司に信頼され、カレと同棲生活を楽しむ。デキる女をうまくやれてると思ってる杏は腹の底では周囲をバカにし、彼との結婚にしがみつくことでようやく自分を保っています。新卒社員の小津に「あなたはつまらない」と指摘され、周囲も彼もそれに気づいていると知った時、杏は-。女子の内面を覗きたい人必見です。

著作 和田 依子

すぐ泣く女に機関銃登場人物

本村 杏(もとむらあん)
同僚を見下す35歳のOL。新人社員の教育を任されますが…。

小津(おづ)
ジミで変わった新入社員。実は優しく責任感の強いしっかり者。

すぐ泣く女に機関銃ネタバレ

アラフォーたちの女子会の話題は嫁姑バトル、避妊しない夫、

浮気、離婚-。

杏にも、

「もうそろそろいいんじゃない結婚?」
と水を向けられます。

はにかんだ笑顔で彼が二人を楽しみたいからと

のんびりムードで答える杏に、女子達は驚きます。

帰宅した杏は同棲相手の哲に女子会が愚痴ばかりだったと報告。

「わたしだったら旦那様の愚痴なんか言わないのになあ?」

哲は車の雑誌をみながら

「そーだよなあ 杏は優しいもんなー」

と気の無い返事です。

あはは、と笑いながら内心

-たったそれだけ?

いつになったらプロポーズしてくれるの?

と不満たらたらの杏。

哲は布団に入ってからも上司がうるさくて疲れている、と

お誘いを断って杏を怒らせ、グアム旅行に行こうとご機嫌取り

します。

翌朝出勤すると、年齢も大して違わないコバトがアイドルに

入れあげヒグチと騒いでいます。

杏は

よくそんなものに夢中になれるわね

と軽蔑。

すぐに課長が急ぎの仕事を頼んできます。

談笑している同僚を見ながら

-いつもこうだなあ わたし…

私は根が頑張り屋だからあんなふうにさぼれないし…

頑張ってるのにちっとも報われない

と思う杏。

課長が新人の小津について尋ねます。

小津は歓迎会を断るなど、ちょっと変わった女子。

部長も気にしてる、杏を教育係にしてよかったと言われ

杏は微笑みながら

-上のご機嫌とることばっかり…むなしくないのかなあ

そういうの

庶務の課長でちょうどいいんだろうなあ

と格付け。

杏はこちらを向きもせずに一人ボソボソおにぎりを食べる

小津と一緒に昼ご飯を食べてやり、

この子も周りにこんな迷惑かけてよく平気だよねえ

私にはムリだなあ

と内心ため息をつきます。

 

ばかみたい 毎日毎日

でも もうすぐ哲が旅行連れてってくれるし

耐えるしかないよねえ

 

しかし哲はオークションでカー用品を落札し、

旅行を保留にしたいと言ってきます。

杏は抗議しますが却って逆ギレされる始末。

トイレに籠って泣きながら、

こんなことだから、哲のせいでお金がたまらない

と悔やみます。

-一体いつプロポーズしてくれるの?
いつになったらわたし…このつまらない毎日から

解放されるの……?

 

翌日、ヒグチがプロポーズされたと女子達が騒いでいます。

杏は内心大ショック。

相手は49歳でヒグチより24歳年上。

昼、杏は苦笑いしながら小津に言います。

「わたしだったらいくら焦っててもそれは無理だなあ…

相手の人もさあ よく彼女選んだよねえ」

急に、小津が鋭い目でにらみつけます。

焦った杏は余計にヒグチの悪口を言ってしまい、最後に

「悪い子じゃないとは思うけど」

と苦し紛れのフォロー。

悪い人じゃないけどってすでに悪口ですよね

と小津。

小津は来てほしいと言ったわけじゃないのに昼には隣に来て、

「ぼっち」が辛いのだろうが来られてキモかったと言います。

顔色を変えて立ち上がる杏。

「ひどい 小津さん わたし 折角あなたのためにって…」

ため息をつき、小津は言い放ちます。

「毎日毎日つまらなさそうな顔して

なんで毎日つまらないか教えてあげます

あなたがつまらない人間だからですよ

泣き出してしまう杏。

入って来た課長が凍りついた空気に驚きますが、泣いて

鼻をかんでいる杏に仕事を頼み離れて行きます。

誰も杏に声をかけません

小津は積極的に周囲と付き合いだし、ボカロをやっていること

も周囲の話題になります。

そんな小津を杏は

-夢追い人ってやつ?…

かわいそう

と見下し留飲を下げ、哲ともいずれ結婚する自分は

つまらなくない、と思おうとします。

 

その頃哲は、上司が哲に見どころがあるから厳しく教育して

いたのだと知ります。

幸せな気分で帰宅する哲に、杏は小津をこきおろす悪口を聞かせる杏。

哲は

「杏ってさ…ホント人のこと褒めないよね」

冷たい目をむけます。

 

小津のボカロが上司にもウケがよく、杏はだんだん小津に

当てこすりを言ったり、単純作業ばかりさせるようになります。

そんな時、小津が仕事で大きなミスをします。

任せたのが杏だったため、杏が上司に叱られます。

トイレで泣いていると、小津が来て頭を深々と下げます。

思わず杏は、小津を羨むような事ばかりぶちまけてしまいます。

さらに杏は上司が「できる女ぶっている」と自分の悪口を

言っているのまで聞いてしまう。

耐えられなくなった杏は早退して部屋の前で哲を待ち、

戻った哲にその場で「結婚しようよお」と甘えます。

杏の異変に気づき、部屋で「俺にも責任あるよな…」と頭を

抱える哲。

 

翌日、杏は異様な笑顔で出勤します。

勤務中に職場を抜け出し哲の会社へ行ってしまい、そこで

杏は哲が上司の女性と手を繋いでいる所を目撃。

哲は

「俺はこの人を好きになった 

だから杏別れてくれ」

と伝え、杏は優しいのではなくよく見せたいだけだと言います。

マンションに戻り、謝る哲に杏は手近にあった酒瓶を振り上げる…。

ボロボロになった杏を、杏が職場に置いて来た荷物を届けに

来た小津が救います

次第に等身大の自分を見つけて行く杏。

少しずつ自分を取り戻し、本当にやりたいことに気づく

杏がとても身近でリアルに感じられる漫画です。

すぐ泣く女に機関銃感想

彼からほったらかかされ、上司は無能、同僚と話が合わないでは、杏のようになっても仕方ないかな、と思いました。こう言う人多いのでは。杏が小津の助けで次に進めたのがよかったです。

 

オススメまんが

→面白い漫画2019オススメ。元まんが喫茶店員の全リスト【執筆中】