会社に依存しない生き方を発信

春駒 ~吉原花魁残酷日記~漫画ネタバレ生き地獄~ネタバレ散らし書き~

親に売られるって、想像できる?100年くらい前は、飢饉や借金のカタに娘たちが売られました。吉原に売られた女性が書いた日記を漫画化。日記を書いた人と、廓のお金のしくみを少しご紹介します。

春駒 ~吉原花魁残酷日記~主人公

春駒(はるこま) 
本名森光子。19歳の文学好きな娘。郷里に母と妹を残し、周旋屋に連れられ東京へ働きに出てきましたが…。

春駒 ~吉原花魁残酷日記~簡単なあらすじ

森光子は父親の作った借金を返すため、19歳で吉原の長金花楼へ連れてこられます。周旋屋からはお酌と聞いていたのに本当の仕事は男に体を売る娼妓。光子は春駒の名で客を取らされます。絶望し、死のうとしますが郷里の家族の事を考え思いとどまり、復讐のため日記をつけ始める光子。毎晩男に体を鬻(ひさ)ぐ過酷な日々、借金が増えても減る事の無い搾取の仕組み、病を得て入院、朋輩たちとの交流など、光子が花魁春駒として暮らした過酷な毎日の記録。

実在人物

森光子は群馬県高崎市出身、明治38年(1905年)生まれの実在した女性

19歳の時父がなくなり、父親が作った借金返済のため吉原遊郭に売られます。

(本人は事情をあまり知らず半ば騙される形で娼妓となる。)

「春駒」は貸座敷長金花楼での過酷な毎日の中で日記を綴り続け、

2年余りののち命がけで吉原から逃亡

着の身着のままで歌人柳原白蓮宅に駆け込み救われます。

大正15年(1926年)に『光明に芽ぐむ日』を、翌年続編『春駒日記』を出版。

『光明に芽ぐむ日』は柳原白蓮が序文を寄せています。

その後光子は花魁を自由廃業、外務省の翻訳官捕西野哲太郎と結婚。

(そのために西野は外務省を追われる)

娼妓の自由廃業運動に身を投じるもその後については不明、没年も不明

『春駒 ~吉原花魁残酷日記~』掲載サイト「サンデーうぇぶり」では、

森光子さんの著作権継承者を調査していますが判明せず、

心当たりの方からの連絡を呼び掛けています。

稼ぎ

騙される形で花魁(娼妓)となった春駒こと光子は

2週間分の給料をもらい、その少なさに愕然とします。

給料のことを玉割(ぎょくわり)といい、客が支払った遊興費

(玉)の分け前のことです。

玉(ぎょく)は7割5分が貸座敷長金花楼の収入

2割5分が花魁の収入。1割5分が借金返済に回され、

花魁の手元に渡るのはわずか1割

春駒がはじめて時貰った半月分の玉割は11円でした。

(当時の1円は現在の5000円ほど。)

しかも1月には6回、馴染み客に一番高価な全夜12円の遊び

をしてもらい、さらに通常の2倍の遊興費を支払わせる

「玉ぬき」をする「しまい日」があります。

しまい日に玉ぬきができなければその日の罰金2円を支払わなくてはいけません。

店に出たばかりで馴染み客もなく、商売っ気も無い春駒は

月の収入の半分以上をとられてしまうかも知れない。

しかも生活費、病院代など全て自分持ち

これでは借金を返すどころか増えるばかりです。年季の6年

でも返しきれないかも知れません。

「なんて、非道い勘定 まるで花魁たちの…生き血をすするような…」

客がいびきをかいて寝入る傍らで、春駒は搾取のしくみに慄きます。

※ちなみに『吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日』によると光子の借金は1350円。実家に入るのは1100円で、250円は周旋屋が取りました。実家にいる間に内金として周旋屋から500円支払われ、300円はすぐに借金返済に充てられています。

苦界(遊女のつらい境遇のこと)

「お酌のしごと」と騙されて客をとらされ、

「証文」には「返済する」としか書いていなかったその内容が

こんなに過酷なものだとはずいぶん酷い話だと思います。

初めて客をとらされてから一週間目、春駒は火箸で喉を突き

自死しようとします。しかし郷里の母と妹を思い出し、

死ぬものか!

と日記を綴り始める。

「無智のものを陥れて自己の腹を肥やす」周旋屋、

「鼻紙でも踏みにじるようにして」処女を奪ったお客、

「生き血をすすってお金を設けようとする」楼主、やりて婆に

どんな復讐をするか書き残そうとします。

若い娘を生き地獄のような生活に突き落とす公娼制度を知る

とともに、日記を書くことで一人強く高く自分を保ち生き

抜く春駒の人生にぜひ触れてみていただきたいです。

※この記事は、表題の漫画の他に、Wikipedia森光子(花魁)、『吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日』(森光子著 朝日文庫)を参考に作成しました。

こちらもどうぞ

→春駒 ~吉原花魁残酷日記~漫画ネタバレ結末

→春駒 ~吉原花魁残酷日記〜(7〜11話)漫画ネタバレ結末

→春駒 ~吉原花魁残酷日記〜(12〜14話)漫画ネタバレ結末

→春駒 ~吉原花魁残酷日記〜(15〜18話)漫画ネタバレ結末

→春駒 ~吉原花魁残酷日記~漫画ネタバレ感想花魁~ネタバレ散らし書き②~

→春駒 ~吉原花魁残酷日記~漫画ネタバレ感想張見世~ネタバレ散らし書き③~

オススメまんが

→面白い漫画オススメ。元まんが喫茶店員の全リスト【執筆中】