会社に依存しない生き方を発信

ハクバノ王子サマまとめ結末ネタバレ

大人の恋、読んでみませんか?婚約者持ちの小津と年上のアラサー多香子。新任教員と指導役の関係から始まった2人に多香子の元不倫相手も刺さってきて…。大人の心の機微を丁寧に描きます。

ハクバノ王子サマあらすじ

女子高教員に転職した小津晃太朗には留学中の婚約者が。転職先には監視役の妹がいます。新任挨拶で歳下に興味はないと宣言し、7つ歳上の指導役原多香子を女子達の前で食事に誘ってみせる小津。期待する独女の多香子ですが、小津に婚約者がいると聞いてがっかりします。そんな時小津が偶然元不倫相手の黒沢から多香子を助け、2人は距離を縮めて行きます。小津の婚約者が帰国、多香子も別の男性と交際を始めますが-。2人の決断に感動のオトナの恋愛物語。恋がしたい人必見です!          

著作 朔 ユキ蔵
栃木県出身。女性。
他作品:『つゆダク』『お慕い申し上げます』
『セルフ』他多数

参考 Wikipedia   『まんが王国』

ハクバノ王子サマ主な登場人物

小津 晃太朗(おづこうたろう)
ブラック企業から女子高の社会科教員に転職した25歳。婚約者の留学中に教員原多香子に出会い、惹かれて行きます。

原 多香子(はらたかこ)
小津より7つ年上の教員。美貌ととっつきにくい雰囲気から「タカコサマ」と呼ばれています。小津の指導役になります。

東山 カオリ(ひがしやまかおり)
イギリスに留学中の小津の婚約者。突然帰国し祖母の病気を口実に結婚を早めるよう提案。

黒沢 明夫(くろさわあきお)
社会科教員。42歳。多香子が教員になったばかりの頃不倫関係があり、今も未練が…。

ハクバノ王子サマ1巻あらすじ

婚約者がいる小津は監視役の妹・市川琴実の手前年下には興味ないと言い、教室で指導役の原多香子を食事に誘います。黒沢、小津との食事会で小津に婚約者がいると知り落ち込んだ多香子は黒沢を部屋に誘いますが小津から電話が入り、行為は未遂に。小津と多香子も女子達の噂になり、小津は婚約者がいる事を公表し多香子との関係を全否定。小津の天然にあきれる多香子、女のカンで兄に多香子に気を付けるようご注進に及ぶ琴実、蛇の生殺し状態の黒沢達の中で、小津は何を思う-。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ1巻ネタバレ感想あらすじアラサー

ハクバノ王子サマ2巻あらすじ

小津は多香子からメールアドレスを教えてもらいます。その最中に、多香子の携帯に黒沢からメールが。多香子の態度から、小津は2人に不倫関係があったことを確信、黒沢に腹を立てます。多香子は居酒屋で小津に「誤解している」と伝え、翌朝黒沢を着拒。黒沢は駅のホームで多香子を待ち伏せして着拒の理由を問い詰め、その様子を小津が見てしまいます。多香子は気になるし、妹の琴実は携帯を覗き多香子とのやり取りを見てカオリに言うと脅すし、小津の悩みは深まるばかり…。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ2巻ネタバレ感想あらすじ不倫

ハクバノ王子サマ3巻あらすじ

琴実は魔除けと言って小津の机の上にカオリの写真を飾ります。同僚の森に誘われ仕方なく多香子は写真を見に行き、その場で泣いてしまいます。小津、黒沢、森との食事の後4人タクシーに乗り、自分が下りれば黒沢と多香子が2人きりになると気づいた小津は、多香子と2人タクシーを降ります。浜辺で語り合い、多香子から黒沢と不倫関係にあったと告げられる小津。その帰り、小津は多香子をカオリと間違えアパートの前で抱きついてしまう。謝ろうと多香子を駅まで呼び出す小津ですが…。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ3巻ネタバレ感想あらすじ写真

ハクバノ王子サマ4巻あらすじ

小津は謝りますが、却って多香子を怒らせてしまいます。なじられ、つい「原先生を意識してしまっている」と言ってしまう小津。多香子もその言葉で頭がいっぱいになり、職場ではお互いぎこちない態度に。そんな時、小津に友人の今村から合コンの誘いが入ります。小津の前職場の同僚と多香子ら女性教員で合コンが開かれ、多香子は参加者の一人江川に気に入られます。鼻に触れるかどうかでその人と合うかどうか判断する多香子は人の男と思いながらも小津の鼻先に触れてしまう…。

ハクバノ王子サマ5巻あらすじ

多香子は小津と遠足の下見に行くことに。江の島の洞窟で、小津は蝋燭を無くした多香子と手を繋ぎます。下見も無事終わり、小津は多香子に何故鼻を触ったか、多香子は小津に何故手を繋いだかを尋ね、お互い「ただのいたずら」と答えてしまう。怒る多香子に小津は正直に多香子を意識しているがカオリも幸せにしたいと言い、それを聞いた多香子は走り去ってしまいます。相談事があると偽り居酒屋に呼び出す小津。居酒屋の帰り、送って行くと言って小津は再び多香子の手を取り、歩き出す…。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ4巻5巻ネタバレ感想あらすじ江の島

ハクバノ王子サマ6巻あらすじ

多香子のマンションまで手を繋ぎ歩いた2人はそのままタクシーに乗り、前に行った浜辺へ。多香子がついに告白するも小津は考え煮え切らない返事。浜辺からの帰り、多香子が転んだ拍子に小津も倒れ、2人はキスします。帰宅し、キスを最後の思い出と思う多香子。一方小津へは今村から江川が多香子と連絡が取れないと電話が入り、時をおかず突然帰国したカオリが現れます。カオリは多香子を気にし出し、小津が何もないと弁解している時に、カオリの祖母が発作を起こしたと連絡が入り…。

ハクバノ王子サマ7巻あらすじ

小津とカオリは祖母の病院へ急行し、カオリはその場で結婚式を来春に前倒しすることを決めてしまいます。抗う事もできず了承する小津。前倒しを琴実から知らされた多香子は平静を装い小津を祝福します。何とか多香子と話したい小津ですが機会がつかめず、小津は「けじめをつけるために」多香子のマンションへ。勝手すぎると泣いて部屋へ帰ろうとする多香子を抱きしめ、キスする小津。多香子は小津を部屋へ入れ、寝室で2人裸になり、肌を触れ合わせ…。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ6巻7巻ネタバレ感想あらすじ婚約者

ハクバノ王子サマ8巻あらすじ

カオリに詫びながら小津に身を任せる多香子。翌日、小津は留学先へ戻るカオリを見送りに空港へ。愛してる?の問いにあいまいな返事しかできず、カオリを不安にするなと今村に責められます。多香子と江川の交際が順調であると今村から聞き、気になる小津。あの晩2人は避妊ができず行為途中で止めていました。カオリが結婚をさらに早め、再来月したいと言ってきます。小津は所詮一線を踏み越えることのできなかった人と割り切り、江川との交際に本腰を入れようとする多香子ですが…。

ハクバノ王子サマ9巻あらすじ

いよいよ本気になった江川はデートで多香子にキスし、結婚を前提とした交際を申し込みます。答えを保留し、考え込む多香子の前に黒沢が。抱き着いて来る黒沢を拒絶しますが心細くなる多香子。友人に忠告され、江川との結婚を考えるのが正しいと分かっていても多香子は小津をあきらめきれません。そんな時、琴実が小津の結婚が再来月になったことを伝えてきます。多香子は泣き、なんとか話をしようと食事に誘ってくる小津を断って江川との結婚を前提とした交際を決める…。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ8巻9巻ネタバレ感想あらすじ浮気

ハクバノ王子サマ10巻あらすじ

カオリとの結婚準備もせずに多香子に好きだと言える機会はあったはずだと小津は悔やみます。そんな時、カオリがまた突然帰国し、結婚を楽しみにしている様子で2人が初めてデートした記念日に指輪を買いに行こうと言います。小津は同じ日の航空チケットを用意して多香子に電話し、空港で待っている、と告げる。当日小津があきらめかけた時、多香子が現れます。2人は旅行先で結ばれ、求めあう。旅行を終え、戻って来た2人を待っていたものは-。

より詳しいネタバレはこちら

→ハクバノ王子サマ最終巻ネタバレ感想あらすじカオリ

ハクバノ王子サマ感想

小津が優柔不断過ぎるかなと思いましたが、それぞれの心の機微が丁寧に描かれていて、同情しちゃいました。黒沢の中年の哀歓たっぷりな姿もよかったです。

こちらもぜひ^^

→ハクバノ王子サマネタバレ漫画まとめ

オススメまんが

→面白い漫画2019オススメ。元まんが喫茶店員の全リスト【執筆中】