会社に依存しない生き方を発信

ハクバノ王子サマ8巻9巻ネタバレ感想あらすじ浮気

好きな人がいるのに別の人と結婚する気持ちって、分かります?多香子に惹かれながらも小津は婚約者に縛られ、小津に婚約者がいる事で多香子は別の男との結婚を考え始め…。この2人、どうなる?

ハクバノ王子サマこれまでのあらすじ

小津晃太朗はブラック企業から転職した女子高教員。婚約者カオリがいて、小津の妹市川琴実が厳しい監視の目を光らせています。しかし小津は7つ歳上の指導教官・原多香子と惹かれあうように。婚約者の存在を気にしてあいまいな気持ちのまま接触を深める2人ですが、多香子には合コンで自分を気に入ってくれる男性江川が現れ、小津のアパートへは突然帰国したカオリが押しかけてきます。さらに病気の祖母のため結婚を早めるというカオリの提案を承諾してしまう小津。「けじめをつけるため」会いに来た小津を多香子は部屋へ上げ、2人は寝室へ-。完全にカオリを裏切った小津、どうする。波乱の次巻へ。

ハクバノ王子サマの詳しいあらすじはこちら

→ハクバノ王子サマ1巻ネタバレ感想あらすじアラサー

→ハクバノ王子サマ2巻ネタバレ感想あらすじ不倫

→クバノ王子サマ3巻ネタバレ感想あらすじ写真

→ハクバノ王子サマ4巻5巻ネタバレ感想あらすじ江の島

→ハクバノ王子サマ6巻7巻ネタバレ感想あらすじ婚約者

ハクバノ王子サマ8巻9巻あらすじ

マンションで多香子と触れ合った小津は、次第に婚約者カオリとの結婚が煩わしくなってきます。一方小津を思い切ろうと多香子は合コンで知り合った男性江川と交際を始めます。江川と多香子のことが気になりながらも、小津は結婚を前倒ししようというカオリの申し出を承諾。多香子も江川から結婚を前提とした交際を申し込まれます。小津は多香子に正直な気持ちを打ち明けようとしますが、琴実から結婚が早まった事を聞いた多香子は小津を拒絶し-。気持ちとはうらはらに離れてゆく2人の心理を克明に描写する8巻9巻。

著作 朔ユキ蔵

ハクバノ王子サマ8巻9巻登場人物

小津 晃太朗(おづこうたろう)
多香子が好きだと意識しながらもカオリにひきずられ結婚を前倒しすることに。多香子に告白しようとしますが…。

原 多香子(はらたかこ)
小津に惹かれ、寝室まで小津を入れますが結局は江川と付き合うことに。小津を思い切ろうとしますが心裏腹に…

江川 智(えがわさとし)
小津の友人今村の取引先の男性。合コンで多香子が気に入り結婚を前提の交際を申し込みます。多香子の2つ歳下。

ハクバノ王子サマ8巻9巻ネタバレ

カオリさん………ごめんなさい 

あなたの婚約者のことを 私は好きです

カオリへの罪悪感で一杯になりながらも多香子は小津に身を

任せます。

この人と……したい…です……

 

ドクン ドクン ドクン

熱い…………

…たまら…ない………

多香子に触れながら、息遣いが荒くなっていく小津…。

 

次の日カオリがイギリスへ発つので、小津は友人今村、琴実と見送り

に空港へ行きます。

わたしのこと 愛してる?

と聞くカオリに小津は

「愛…っていうか……

まだ…よくは…わからないけど………だけど、

カオリのこと…ずっと……ずっと考えてたいと思ってる」

と頼りない返事をします。

同じころ、多香子はベッドから小津のにおいを消そうと

懸命に掃除していました。

翌日、小津は多香子を見てあの晩のことが脳裏に浮かび、

浮気をしたと実感しながらも何食わぬ顔をして挨拶します。

その晩、小津は今村に呼び出されます。

「オンナが『愛してる?』ときたら即『愛してる』

だっつーの」

空港での小津の態度に不安を覚えたカオリが今村に電話し、

今村は自分の浮気を棚にあげ、

「カオリを誤解させてはいけない」

と小津に説教します。

そのまま小津は今村の家に泊まり、そこで多香子と江川が

メールのやりとりを続けている事を知ります。

あの晩、避妊が出来なくて最後までしないで帰った事を思い出す小津。

多香子は江川からスキューバダイビングに誘われ、次の日曜に

行くことを約束します。

小津の元には父が上京し結婚資金だと言ってお金を無理やり

押し付けてきて、小津はすっかり結婚が面倒に。

日曜日。多香子と江川がダイビングに行く日、小津は元カノの

誘いに乗り一緒に食事します。

ホテルに誘われるも断る小津に、元カノはカオリの事を考えて

いるのだと誤解します。

そんなところにカオリから、結婚は2か月後の9月に前倒し

したいと連絡があり、小津は了承してしまいます。

多香子は、小津は一線を踏み越えることのできなかった遠い人

と思い切ることを決め、江川にまた誘ってほしいとメールします。

多香子の好感触に江川は結婚を考えます。

取引先である今村に「感謝している」と頭を下げ、

本気かという問いに「もちろんですよ」と答えます。

そろそろお嫁さんの一人でも連れて来なさいという母親に

連れてくるよ…近々ね」と答え多香子とのデートに出かける江川。

デート中江川は多香子にキスし、結婚を前提とした交際を

申し込みます。

多香子は答えを保留します。

一人視聴覚準備室で考え込んでいると、黒沢が入ってきます。

黒沢は職員会議で多香子の様子が変だったと言います。

「自分にはもう関係がない。放っておこう。

でも目の前にするとそうもいかない

欲が深い自分に…正直うんざりです」

と言いながら自分を抱きしめる黒沢を突き飛ばす多香子。

黒沢と不倫関係になった、仕事も男もうまくいかなかった

新任教員の頃の事を思い出してしまいます。

「もう私は必要ないんですね?」

と念押しする黒沢にはい、と答えながらも戸惑う多香子。

さらに多香子に決心を迫るようなことが起こります。

多香子は学生時代の友人と一緒に食事し、披露宴の招待状をもらいます。

昔言っていた理想と全く違う人が結婚相手であることを言うと、

友人は

女の旬をすぎてしまったなって思うの」

と言います。

多香子は懸命に否定しましたが、友人は

30代でモテるのはごく一部、20代の男が自分に集まる時に

目移りして決められなかったのが独身だ、と言って江川との結婚を勧めます。

30過ぎの女はもはや、

えり好みしちゃいけないのよ

ハクバの王子サマは待ってるだけでは見つからない

多香子は小津について話し、どうかと聞いて見ますが

友人は問題外だと言います。

自分自身にも江川と結婚するのが正しいと多香子は言い聞かせ

ますが、小津の事があきらめきれない自分にも気づいています。

一方結婚に気が進まない小津は、多香子に自分の気持ちを伝えようと決心。

多香子を食事に誘います。

ところが式が早まったことを知った琴実が口止めしたにも

関わらず多香子にしゃべり、多香子は会食を拒否。

学校の人気のない場所で多香子は一人泣き、

江川との結婚を前提とした交際を決めます。

今村、もう一人の友人溝口と飲む小津。

結婚に否定的な溝口と、結婚は一番好きな女とするべきだという

今村の論争を聞き、

「もういいんだ」

と小津は店を出てしまいます。

そんな中、多香子は江川の両親に挨拶し、その後江川と

海へデートに出かけホテルヘ-。

お互いが気になりながらも気持ちを偽り別の相手と

結婚しようとする小津と多香子。2人はこのまま別れてしまうのか。

2人の出した不器用な結論が感動的な最終巻へ。

ハクバノ王子サマ8巻9巻感想

小津の優柔不断に腹が立ってきますが、真剣に迷うとかえってこんなものなのかも知れないとも思います。誠実そうな江川の方がよほどいいと思いますが、簡単に割り切れないのが恋心なんでしょうか。年齢的な事を言われて納得させられるのは切ないですね。

ハクバノ王子サマネタバレこちらもどうぞ^^

→ハクバノ王子サマネタバレ漫画まとめ

→ハクバノ王子サマ最終巻結末ネタバレあらすじカオリ

→ハクバノ王子サマまとめ結末ネタバレ

まんがオススメ

→面白い漫画2019オススメ。元まんが喫茶店員の全リスト【執筆中】